外科ご案内

HOME | 外科ご案内

gekakakou1.png gekakakou2.png img_4050_20201019151117554.png

基本方針

外科治療は年々変化しており、その内容は手術手技や手術材料の進歩にとどまらず、手術適応の拡大や手術前後の管理方法の充実にまで及んでいます。外科治療の進歩によって、その時点で最適と考えられる標準的治療も年々変化しています。スタッフは手技の向上と知識の更新のために日々の研鑽を怠ることなく、患者さんに満足していただける医療を提供できるように努めています。

診療内容

当科では消化器の悪性疾患の手術を主に行っています。がんの進行度を考慮しながら根治性、安全性を高めるとともに、患者さんの回復の早い手術に積極的に取り組んでいます。がんに対する治療は手術だけではなく、放射線治療や化学療法を組み合わせた集学的治療も行っており、進行・再発がんに対してもできる限りの治療を試みています。
また虫垂炎、消化管穿孔、腸閉塞など緊急手術を要する疾患に対しても可能な限り対応しています。
一般外科では、乳癌や甲状腺疾患や外傷など多岐の疾患にわたって担当させていただいています。


 

胃がんに対する治療

 


 

大腸がんに対する治療

 


 

肝臓がんに対する治療

 


 

膵臓がん・胆道がん に対する治療

 


 

急性虫垂炎の治療

 


 

胆石症の治療

 


 

鼠径ヘルニアの治療

 


 

良性肛門疾患の治療