外科治療方針

HOME | 外科治療方針

胃がん

解説

近年、徐々に発生率は低下してきているものの依然として日本人に多いがんのひとつです。ピロリ菌の感染によって胃がんになりやすくなることが明らかにされています。

治療方針

日本胃癌学会により提示された胃癌治療ガイドラインに基づいた治療を行っています。
早期胃がんでは、当院消化器内科との綿密な連携の上で、胃内視鏡的粘膜剥離術の適応を外れる症例に関して、原則的に腹腔鏡下での胃切除術あるいは胃全摘術を行います。
進行胃がんでは、開腹での胃切除術あるいは胃全摘術を標準術式としています。さらに進行し他臓器に浸潤している症例に対しては、合併切除術(膵頭十二指腸切除術や左上腹部内臓全摘術など)を積極的に施行しています。
手術の結果、ステージ(進行度)II以上と診断された場合には補助化学療法を勧めています。

大腸がん

解説

食生活の欧米化や肥満、運動不足などにより近年増加しているがんです。
便に血液が付着することや排便状況の変化から見つかります。

治療方針

大腸癌研究会により提示された大腸癌治療ガイドラインに基づいた治療を行っています。
早期大腸がんに対しては、消化器内科にて大腸内視鏡粘膜切除を行っています。粘膜切除が行えない粘膜下浸潤がんから漿膜下までの進行がんに対しては腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。
進行直腸がんに対しては術前化学・放射線療法を行ってから根治術を施行します。可能な限り肛門括約筋機能、自然肛門温存を目指しています。
肝転移や肺転移を合併する症例にも可能な限り外科的切除を第1選択とし、他臓器浸潤症例には合併切除などの拡大手術も考慮しています。拡大手術でも根治手術が困難と予想される症例には、術前に化学療法を行い、腫瘍の進展をコントロールした後に拡大手術を含む根治術を行うコンバージョン治療も取り入れています。
手術の結果、ステージ(進行度)II(高リスク群)あるいはIII以上と診断された場合には、補助化学療法を勧めています。

肝臓がん

解説

肝臓にできるがんには、肝臓そのものからできる肝細胞がんや胆管細胞がん、他の部位のがん(例えば胃がんや大腸がん)が肝臓に転移してできる転移性肝がんの2通りがあります。肝細胞がんの多くは慢性肝炎を背景にして生じることが多く、肝障害度に応じての治療計画が必要です。

治療方針

肝細胞がんは慢性肝炎や肝硬変との関連が強く、消化器内科や放射線科との密接な連携が必要です。当科では、局所療法(PEIT:経皮的エタノール注入療法、PMCT:経皮的マイクロウェーブ凝固療法、RFA:ラジオ波焼灼療法、CRY:凍結療法)、TAE:肝動脈塞栓療法、肝動脈動注化学療法などの不能な症例には、外科的切除術を考慮します。
転移性肝がんに関しては、各種癌の治療・診療ガイドラインに基づき積極的に外科的切除を行っています。

胆道がん・膵臓がん

解説

胆道がんや膵臓がんは早期発見が困難なこと、進行が早く完全に切除できることが少ないことなどから治りにくいがんにひとつです。手術はがんの部位によって広範囲肝切除や膵頭十二指腸切除、膵体尾部切除などの大きな手術が必要となります。

治療方針

日本肝胆膵外科学会により提示された胆道癌診療ガイドラインと日本膵臓学会より提示された膵癌診療ガイドラインに基づいた治療を行っています。
根治的治療は外科切除であり、完全切除が可能であれば手術を施行します。切除不能であれば化学療法や放射線療法を含めた集学的治療を行います。集学的治療によって切除可能性が出てくれば積極的に手術を考慮しています。

急性虫垂炎

解説

虫垂が炎症を起こした状態です。典型的には、まず心窩部(みぞおち)に痛みが出て、時間の経過とともに右下腹部へと移動していくことが多いです。軽症では抗生物質で治まりますが、重症例では穿孔して腹膜炎や膿瘍を形成することがあります。

治療方針

炎症が強い場合には手術を勧めています。原則的に腹腔鏡下に虫垂を切除します。限局的に膿瘍を形成した場合には、抗生物質で炎症を一旦抑えたのちに待機的に手術を施行することがあります(interval appendectomy)。

胆石症

解説

胆石症とは胆のうや胆管などの胆汁の通り道に結石ができる病気です。胆石があっても無症状のことも多いですが、胆石発作という強い腹痛や胆のう炎を起こすことがあります。

治療方針

1回症状が出た胆石は何度も発作を繰り返すことが多く、手術で取り除く必要があります。多くの場合、腹腔鏡下に胆のう摘出術が可能ですが、炎症が高度の場合は開腹手術となる場合があります。なお、胆管に結石がある場合は消化器内科で内視鏡的に結石除去を行います。

鼠径ヘルニア

解説

大腿前面の付け根から恥骨あたり(鼠径部)の腹壁の筋膜が薄くなることで隙間が生じ、腹膜や腹膜に包まれた脂肪や腸が飛び出してくる病気で、昔から “脱腸”と言われています。放置すると徐々に膨隆が大きくなり、時に飛び出した腸が戻らなくなり血行障害を起こし(かんとん)、腸の壊死から腹膜炎をきたして緊急手術となることがあります。

治療方針

成人の鼠径ヘルニアは自然に治ることはなく、薬で治療することもできません。手術は人工補強材(メッシュ)を使用して穴をふさぎ、弱くなったところを補強します。鼠径部を切開して行う手術(前方アプローチ)と腹腔鏡を使用して行う手術があり、患者さんの状態やヘルニアの状態によって決定します。

良性肛門疾患

解説

良性の肛門疾患には内痔核・外痔核、裂肛、肛門周囲膿瘍・痔瘻があります。痔核の症状は出血、疼痛、脱出、腫脹などで症状は一過性のことも持続性のこともあります。裂肛の症状は排便時の疼痛です。肛門周囲膿瘍の症状は肛門周囲の痛みを伴う腫脹と発赤や発熱で、痔瘻になると持続的な膿の排出が見られます。

治療方針

まずは生活習慣の改善や外用薬などの保存的治療で経過観察します。
軽快しない場合には外科的治療を考慮します。